剛毛な沖縄女子には医療脱毛が良いって聞くけど…メリットとデメリットまとめ

クリニックを見つめる少女

「脱毛したい!」そう思ったとき、高い効果を得るために医療脱毛を選ぶ方は少なくないでしょう。

でも、ただ「効果がありそう!」「医師がやってくれるからなんとなく安心できる」というだけで簡単に選んでしまっていませんか?実はそれ、けっこう危険なんですよ!

場合によっては肌の状態に合わなかったり、医師との相性が悪いクリニックを選んでしまったりと、後悔してしまう羽目に…。

そうなってしまわないように、医療脱毛のメリットとデメリットを照会していきます。自分にとって本当に良い選択かどうか、一度チェックしてみてくださいね。

メリット

1.短い期間で高い効果を得られる

医療脱毛の最大の強みは、数回通えばムダ毛が気にならなくなるほど効果が高い点にあります。

皮膚科の観点から開発された医療用レーザーによる照射で、毛が生える根本的な原因に直接アプローチ。レーザーは剛毛にもしっかり効くのが魅力です。

何回も脱毛に通うのが嫌な方や、濃い毛に悩んでいる方にぴったりでしょう。

2.トラブルが起きても医師が対応してくれる

医療脱毛は公的な医療機関が行なっている施術のため、アフターサポートがしっかりしているのがポイントです。

肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりといった炎症反応が起きると塗り薬を無料で処方してもらえます。肌トラブルが心配な方でも安心して通えるでしょう。

デメリット

1.料金が高い

効果の高さや医師による治療行為というところから、どうしても高額になってしまう医療脱毛。

痛みに備えて麻酔を受けることもできますが、その際にも麻酔代を別途で支払う必要が。

完璧にツルツルのお肌を目指す場合は、お財布の負担が大きくなりそうです。

2.痛みが強く、施術した後のリスクも懸念される

レーザー脱毛は、照射する場所によっては強い痛みを感じてしまいます。たとえるなら、ゴムで肌を強くはじかれた時が最も近いでしょう。

特に皮膚が薄いワキやデリケートゾーンなどは、時に耐えられない痛みとなってしまうことも…。

痛みが心配な方は慎重に検討するべきかもしれません。